内定獲得者に対しては入社日までの間にしっかりとフォローアップを行う事が重要と言われています。その理由はいくつかあり、一つは辞退されることがないように企業の魅力をしっかりとアピールすることと、もう一つは入社までに社会人としての心がまえをしっかりと身に着けてもらい、実際に入社した後は出来るだけ早く業務を習得し貢献してもらうためです。特に最近ではいくつもの企業の試験を受け、その中から最も条件の良いところに行こうと考える人や入社までの間にトラブルを起こしてしまう人も多く、そのような事態になってしまっては企業としても人事計画を見直さなければならない必要が発生する可能性が高くなってしまうのです。そのため、入社までの間に確実に戦力となる人材を確保するための研修プログラムが非常に重要となります。

辞退をさせないための施策がポイントです

内定者が入社を辞退する要因でもっとも大きいのが、企業に対して魅力を感じなくなったというものです。これは入社が決まった後にフォローがなかったり、良い情報が得られない場合などに起こるもので、他社を受験した仲間の企業の状況なども情報交換していることから、比較した上で企業に魅力を感じなくなってしまうことも多いのです。そのため、入社が決まった人に対してはその後定期的に情報を提供したり、フォローアップの研修を行うなどの作業が非常に重要になります。定期的に企業の社員とミーティングを行ったり、最近ではSNS等を利用したりといったコミュニケーション手段を用いることも有効です。その上で企業がその人を将来の企業を担う人材として大切に考えているという姿勢を示すことが非常に重要です。

段階的な研修プログラムを設定することが重要です

企業の人事担当者の中には、資料を郵送し入社までに熟読するようにといった一方的な指示をするケースもいまだ少なくありません。しかしこの方法では企業からの一方通行であり、将来入社しても一方通行の仕事が待っていると考えられてしまい辞退されてしまうことも多いものです。内定者の研修プログラムにおいて最も重要な事は入社までに本人のモチベーションを最大限に高めることです。そのためには、段階的にフォローをすることで信頼関係を築くことが非常に重要です。内定から実際の入社までにさまざまな不安が起きてくるものですが、その不安を取り除き希望を持って入社し企業に貢献してもらうために、その間にさまざまな問題をしっかりと解決していくためにコミュニケーションが取れるプログラムが非常に望ましいものです。

企業や学校でセミナーを実施するなど幅広く活躍しています。 新規オープンのラウンジで多数のイベントを実施中。 企業の集まる新橋エリア。田町駅・三田駅より徒歩5分!ぜひお気軽にお立ち寄りください。 実際に採用活動に成功した成果の事例を一部ご紹介しています。 はたらけてしあわせであると心から言える会社づくりを最優先事項としています。 内定決定者の研修に効果的なプログラムを