近年は一人で多くの会社に入社希望を提出する人も多く、そのなかから最も自分の入社したい会社を選ぶという風潮があります。そのためせっかく内定を取り付けてもこれを辞退するという人が多く、企業としては雇用計画や人材育成計画に大きな影響を及ぼすことも少なくありません。そのため企業では入社までの研修プログラムが非常に大きな意味を持ちます。入社予定者のモチベーションを維持しながら、入社時までに即戦力として育成することが大きな課題となっています。また同時に企業の魅力を発信し続け、入社後に自分が活躍できる場所が与えられるということをしっかり認識させることが重要になります。従来は企業のルールや社会人としてのマナーなどを教育することが多かったのですが、近年では自分の将来像をしっかりと考えるための教育が非常に重要になっています。

入社までの期間を有効に利用することが重要です

企業は多くの人材について即戦力となることを求めるものです。そのため内定獲得者については基本的な社内のルールや社会人としてのマナーを教育することが多いのですが、近年は就職準備の段階で就職指導などを通じてこのような基礎的な内容を理解している人が多いため、時間の無駄と思われてしまうことも少なくありません。またこのようなことを行う企業に対して体質が古いと失望してしまう人も少なくないのです。このような場合には本人のモチベーションを高めるための教育を中心に実現することが有効です。その企業ではどのような仕事ができるのか、またそのためにはどのような技術やスキルを身に着けておくことが必要なのかを研修プログラムの中で教育することで本人のモチベーションを高めることにつながります。

入社後の意識を高めるための教育が重要です

企業の研修プログラムの中には社員として基本的な内容を教育するところが少なくありません。しかしこの内容だけでは入社後の意識を高めることはなかなか難しいものです。確かに社会人と学生とではその立ち振る舞いが大きく異なるため、企業のイメージを損なわないためにもしっかりとする教育が必要になります。しかし内定獲得者にとってはこの企業に入社するかどうかを迷っている段階で入社が決定したかのような教育をされても戸惑ってしまうことが多いのです。内定獲得者に対しては確実に入社するまで企業の魅力を発信し続けることが重要です。また併せて企業で仕事を始めた際に自らの意見がしっかり言うことが出来るという点を認知してもらい、運ぶことの喜びを感じることができる企業であることを研修プログラムの中で十分に教育することが必要です。