企業に於いて良い人材を獲得する事は非常に重要ですが、同時にその人材を出来るだけ早く職場の雰囲気に馴染ませるとともに企業で働くための心がまえを身につけさせることが重要となります。その為、内定者に対しては迅速に研修を行い、入社時までにその意識を十分に持ってもらうための意識を持たせるようにすることが大切です。しかし、多くの場合には入社までの期間をゆっくりと過ごしたいという人も多く、与えられたプログラムをこなすことが出来ない場合も少なくありません。その為、入社までの期間を有効に使いつつ、入社時にしっかりとした心がまえを持って臨めるようにすることが大切になります。さらにその後の活動に於いても、その際に学んだことが重要な意味を持つことになるので十分に注意して行う事が大切です。

無理なく続けられることが何よりも大切です

内定者の研修プログラムは第一に無理なく続けられることが大切です。特に入社するまでの間はあくまでも立場は学生であるため、その活動に支障のない範囲で行う事が重要です。以前は入社前に集合教育などを行なっていた企業も多い物でしたが、この場合には本人に負担が掛かる事や、対応する社員の側にも大きな負担が掛かるため、現在ではあまり行われていません。最近ではインターネットの発達により、インターネットを使用したカリキュラムが組まれていることが多いものです。これは自分の好きな時間や空いた時間に企業が公開するビデオやホームページなどを利用して閲覧し、またアンケートなどに答えるような形式で行われますが、自分のペースで出来ることや、簡単に見ることが出来ることから最近では多くの企業で採用されています。

キャリアプランを組み立てられる教育が大切です

近年は人材をじっくりと時間をかけて育てることが非常に難しくなっています。世の中のスピードが速く、多くの企業が即戦力を求めているためです。しかしその反面、長期的に企業を背負っていくことのできる人材を求めることも重要になっています。そのため、内定者に対しては入社した後にしっかりと自分のキャリアプランを建てることが出来る教育が重要になります。単に先輩の指示を聞くだけではなく、社内の仕事の進め方や分担を理解し、その中で自分の得意分野や能力を延ばすことが出来る仕事を早く見つけて企業に貢献することが期待されています。そのため、内定者に対する研修プログラムに於いては社内の業務分担を早く理解するとともに、能力を活かせる場所をみつけることが出来るようにする為の知識を教育する事が重要です。